鉄拳8吉光 華厳・他 固有技の発生条件フレーム

固有技は出そうとしたけど出なかったり、逆に出てしまったり、というのが色々あります。

その条件フレームを厳密に知ったからといって実戦で役に立つかはわかりませんが、数値を知らないと体感だけでのプレイとなるところ、知ればその体感に何かしらのプラスになるかもしれません。



不惑

最近はゲーム中が忙しくて不惑の空ステップである惑はあまり使わなくなってきたかもしれません。が、1つ目として面白いので、まずは切腹から確認していきます。

不惑は 66★LP+RK のうち、2回目の 6 入れ + LP+RK が完成した 1 フレーム目から数えて、20 フレーム目までに 6 を離せばキャンセル。21 フレーム目まで押しっぱなしにすると不惑が発生します。

また、LP+RK は押しっぱなしにする必要はなく、例えばこういうフレームでも不惑発生への条件が満たされます。
  • 6 : 4F
  • 6LP+RK : 15F
  • 6 : 6F

最後の6入れが 5F になれば合計 20F なのでキャンセルになります。

なので、確実にステップのみにしたければ、6 入れを早く離す方を意識してやれば、そうそう暴発することはないはずです。


おわたステップ

おわたステップは 4 入れが 2フレまで、かつ 1 を連続して入力すること、が条件になります。これは背向けでも無想中でも同じです。

画面の端に行きすぎると出ない、というかモッサリと振り向く感じに変わります。

あと無想直後の場合は、無想入力完了 1F 目から数えてニュートラルと合わせて 21F 以上間を空ければおわたステップを出せるようになります。間がそれ未満だとただの 2 入力の振り向きになります。

最速で出すとしたら、こういう感じ。
  • WK : 6F
  • N : 15F
  • 4 : 1F
  • 1 : 6F

4入れが 3F 以上になると、ただの後ろ振り向きになります。

これは今でも使える技だと思うので、条件を身体に染み込ませておくとよいかもですね。


華厳

こちらが本題です。華厳大好きな自分としては、急いだしゃがみ華厳が出ないとかなり困るわけです。上段しゃがみ中に出ない仕様(上段連続技にしゃがみ中の技が出ない件)とは別に、純粋に早く出そうとするための数値を確認します。

3入れ華厳

まず立ち状態からは、3入れ(最初2入れが混ざっても可)を 15F (以上)して 16F 目に 3LP とするのが最速となります。3入れが 15F 未満だとしゃがパンになります。

完全なしゃがみ状態からの場合は、3入れ を 5F 以上してから 3LP を入力すると発生します。最速だと 6F 目で入力完成ということです。ちなみに 3入れは何フレーム続けてジリジリしゃがみ歩きしても問題なく発生します。

14入れ華厳

こちらは少々条件にクセがあります。コマンド上は「しゃがんだ状態で14LP」となっていますが、1 は省略可能です。パッドだと2入れから直接4入れすることが可能でした。

まず立ち状態からですが、基本的には 2入れ経由で 14LP と出すとして、2 と 1 を合わせたしゃがみ状態を 11F 以上経過してから 4LP することで発生します。しゃがみが 10F 以下だと鬼薊が出ます。

難しいのが完全しゃがみ状態からで、2入れしゃがみからは最速だと 2F 目から華厳が完成します。つまりこんな感じ。
  • 2 : 60F
  • 1 or 4 or N : 1F
  • 4LP : 1F

1入れが 11F など長くなっても問題ないけど、4入れのみ が 1F でも挟まると鬼薊になります。なので完全しゃがみからの 4LP 華厳は非常に難しいため、3入れ華厳の方が安定して出せ、14華厳は成功すれば爆速で出せる可能性を秘めています。

整理

基本的には立ち状態からしゃがんで最速で出すとして、3入れ華厳の場合は最速で 16F 目に入力が完成、14入れ華厳の場合は 12F 目に入力が完成するため、14華厳の方が強いです。

完全しゃがみからの場合、3入れ華厳は最速 6F 目で入力が完成、14入れ華厳は 2F 目で完成ということで、どちらも 4F ほど14入れ華厳の方が理論値が早いことがわかります。ただし、完全しゃがみ14華厳は4入れのみの入力を受け付けないため難しい。

3入れ華厳が理論値遅いといっても、前進フレームが入るので相手に近づく効果もあるため、一概にどちらが有利とは言えないかもしれません。

ただ、たまに投げしゃがみ後に爆速で華厳を出せる時があり、その爆速加減がこの 4F 差ということで、納得行く数値な結果となりました。


露払い

最後に急いだ露払いがミドルキックになる件も解決しておきましょう。

ミドルキックが 3RK、露払いが しゃがみ中3RK です。

3入れの長さでどちらになるか決まり、3 を 5F までなら 6F 目の 3RK で最遅のミドルキックとなります。

3 を 6F 以上入れての 7F 目以降の 3RK で最速の露払いとなります。

完全しゃがみ状態からなら、1F 目から 3RK で露払いが出ます。

これはシンプルだし、吉光使いならほぼ最速で出す体感が身についていると思うので、まぁミドルキックが出たら焦りすぎということで落ち着きましょう。


日記

遥か昔、鉄拳5の頃、まだ全然フレームすらよく知らずに吉光で行き詰まった時に、磨き込んだ技の1つが華厳でした。

とにかく最速で出せるようにする、と打ち込んだ結果、今でも通用するしゃがみ華厳だと思っていますが、今回でその使い分けというか、14華厳はもっと遠慮しないで早く入力して良いことがわかり、めちゃくちゃ収穫のある研究になりました。プラクティスの入力履歴機能さまさまですね。

まぁその副作用として普通に睨ぎや隼で浮かせばいいところも華厳にしちゃったりしますが……その矯正も含めて、より華厳マイスターになれるよう精進する気になりました。

ちなみに所帯持ちになる直前である十数年前には、独りで華厳の滝に参ったことがあり、最近は日本三名瀑の1つである袋田の滝にも行ったので、あとは那智の滝に行ければ俺の華厳は全部最速で出るようになるのではなかろうか:-)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です